キャノンデール横浜ベイサイド

キャノンデールブログ

キャノンデールブログ

ショップ写真

QUICK バイクのある生活はここから始まります

2018.01.12

クロスバイクなんてどこも同じ、値段で決めればいい

と、思ってらっしゃる方はこのホームページは覗かないでしょうが改めて。

 

CANNONDALEには「QUICK」というクロスバイクがあります。

2018年モデルはグレードごとに4、5Disc、6、7と4種類。

カラー違いも含めると9種類の中からお選びいただけます。

 

それぞれのグレードによって違いはあるのですが、

「なぜ、QUICKを選ぶべきか」について今日は少しお話を。

 

MY17platform_TECH_Quick_SteeringGeo_C17_Quick_Front-End_890.jpg 

寝かせたヘッドアングルと55mmと長めにとったフォークレイク。

長いフロントセンターがスピードを上げた際の安定性を向上させ、

短いトレイル量が低速でも思いのままのハンドリングを実現しています。

 

簡単に言うと、速く走ってもゆっくり漕いでも安定して走ることが出来るってこと。

気が付きにくい所ですが、毎日乗るバイクに欠かせない機能の一つです。

 

MY17platform_TECH_Quick_SAVEMicroSuspension_C17_Quick_Save_891.jpg 

美しいシェイプと平らに成形されたシートステーとチェーンステー。

扁平している部分がしなることで不快な振動を吸収します。

「SAVEマイクロサスペンション」と言って、このシステムはCANNONDALEのロードバイクやMTBなどの上位モデルでも使われているシステムです。

快適性が向上するとお尻も痛くなりにくく、ロングライドをお考えの方には強い味方となってくれます。

 

MY17platform_TECH_Quick_Reflectivity_C17_Quick_Reflectivity_860.jpg 

QUICKのグラフィックはリフレクター素材で彩られています。

夜間のライト照射はもちろんですが、視認性を高めることでより安全なライドを。

消耗品ですのでいつかは交換しなくてはいけませんが、純正タイヤのサイドにもリフレクターを配置してあります。

 

MY17platform_TECH_Quick_KickstandMount_C17_Quick_Kickstand_873.jpg 

ディスクブレーキの下の台形状の穴。

これは専用スタンドを取り付ける台座です。

街で使う事が多くなるQUICKシリーズには専用のスタンドが用意されています。

スタイリッシュで軽量なキャノンデール純正のスタンドが取り付けられます。

 

この他にもフェンダー取付けができるようにダボ穴が用意されていたり、

雨でも制動力の変化が少ないディスクブレーキのモデルが用意されていたりと

自身の使い方に合わせてカスタム、そして「使い切る」ことを可能にしてくれるバイクです。

 

MF_header_Quick.jpg 

2017年にモデルチェンジをして、よりスポーティーに走るようになったQUICK。

店頭ではQUICK4の試乗車もご用意しております。

サイズやどのグレードが生活スタイルに合っているのかなどなど、お気軽にスタッフまでお問い合わせください。

ページトップ