キャノンデール横浜ベイサイド

キャノンデールブログ

キャノンデールブログ

ショップ写真

カスタム ラボ

2017.07.02

S6-CUSTOM-LAb.jpg自分だけの「Cannondale」を作る事の出来るCustomLab(カスタムラボ)、キャノンデール好きにはたまらないオリジナル。

 

そう、世界にたった1台だけの「自分だけの」Cannondaleがつくれる様になっております。

 

フレーム単体でご購入も可能ですし、完成車でのご購入も可能になっております。

 

すでに、新型ULTEGRAも組み込まれております。

 

しかも、世界に先駆けて「日本のみ」のサービスです。

 

DSC_0809.JPG

 

ワイルドグラフィック仕様で作ってみたり

 

my03.jpg

 

マイルドグラフィックで作ってみたり・・・

 

フレームのグラフィックパターンは4つからお選びいただけます。そして、カラーは全20色。パーツも世界有数の6つのブランドから自由に組み合わせることが可能。

 

パソコンやスマートフォンからも「CustomLab」にはアクセスできるので、通勤や通学途中・休憩中などに作ってみてはいかがでしょうか?

 

カスタムラボのサイトはhttp://www.cannondalecustomlab.com/ 楽しい世界がまた始まります。

 

オーダーは、「キャノンデール ベイサイド」にて

 

CUSTOM11.JPG

 

SUPERSIX EVO Hi-MOD ULTEGRA !

2017.07.02

人気の「SUPERSIX EVO Hi-MOD ULTEGRA」がラスト1台となっておりますが

 

ご用意可能な状況となっております。

 

HI-MODフレームにキャリパーブレーキを装備した最終モデル。

 

こちらは、旧アルテグラ仕様なのでご注意ください。

 

それにしても、抜群の性能と軽量です。メーカー公表値 6.9kg。

 

SAVEポストも初めから搭載され、しなりを利用して振動の吸収性を向上させています。

 

すでに、ワンサイズのみとなってしまっていますが、梅雨明けから楽しみたい方にはぜひ!

 

2016年の話題を独り占めしていたモデルです。

 

定価¥490.000 → ¥ BaySide 価格

 

 

IMG_20161217_191951-thumb-650x506-7033.jpg

キャノンデール無金利ローンキャンペーン 7月2日まで!

2017.07.01

 前回も大好評だったキャノンデール×JACCSの無金利ローンキャンペーン。

 

キャノンデールのプレミアムなバイクが身近になるチャンスです。

 

IMG_4049.JPG

-------------------------------------------------------------------

<詳細>

期間 : 7月2日まで

対象商品 : 全てのキャノンデール製バイク(年式問わず)

お支払い回数 : 最小6回~最大36回まで
-------------------------------------------------------------------

 

 

最新のCANNONDALEへの乗り替えや初めてのスポーツバイクを考え中だけど予算が、、、という方にも。

 

賢く利用してワンランク上のバイクを手に入れてくださいっ!

 

 

お申し込みやシミュレーションについては店頭でお気軽にお尋ねください。

 

お申し込みの際には身分証明書が必要になります。

 

お忘れのない様にお気を付けください。

アルミフレームの神 ここに君臨!

2017.06.27

アルミフレームで、人気のCAAD12 105!

 

CAAD12-105-5.jpgアルミニウムエキスパートのCannondale。30年以上に渡るイノベーションとパイオニアとして

 

私たちCannondaleよりもフレーム素材としてのアルミを理解しているブランドはあるのでしょうか?

 

多くのカーボンフレームよりも軽く、高剛性でスムーズなライドフィールを実現したCAAD12は

 

最高のアルミフレームであると同時に正真正銘のカーボンキラーとなっています。

 

SPEED SAVEマイクロサスペンション・オーバーサイズのBB30A・デルタシートチューブ全てCannondaleが作った機能。

 

そんな機能が詰まった「CAAD12」は既に歴史に残る1台となっています。

 

CAAD12-105-3.jpg

2018年モデル 今週入荷予定!

2017.06.11

早くも、2018年モデルの入荷が決まりました!

 

入荷してくるモデルがこちら!

 

2018 CAAD12 Tiagra.JPG

 

伝説のアルミフレーム「CAAD12」にシマノコンポ「TIAGRA」が搭載された、2018年モデル「CAAD12 TIAGRA」!

 

フレームはCAAD12のままですが、フォークがCAAD12 105グレードとは異なります。

 

カーボンブレード・アルミコラム(OPTIMOモデルと同じフォーク)が搭載されています。

 

CAAD12 105 はフルカーボンフォーク・ドロップエンド一体成型・クラウンレース無しと機能面では差が出ています。

 

乗り味には、車体全体の重量に影響が出る為、反応の違い・路面追従性の違い・快適性に差が出てくるのではないでしょうか・・・

 

取付されているパーツもTIAGRAが取付され、クランクもFSA OMEGA 52/36が装着され10Sとなっています。

 

現段階では、AGRカラーのみとなっております。

 

今週火曜日には入荷予定です!

 

バランスが生み出すパワー、ここに極まる!

2017.06.09

評判のSUPERSIX EVO Hi-MODが今年より、DISCブレーキ化とされフレーム重量829g・フォーク重量360gと

 

DISCモデルではないモデルと比べても、150g以下の重量増にとどまっています。

 

フォークはもちろん「ワンピース」で成形されたバリスティックカーボンフォークです。

 

ドロップアウトからステアリングチューブの先端まで1本の繋がったカーボンファイバーで製造されています。

 

ヘッドセットの下ワンも廃したデザインで軽量化とファイバーの切れ目を無くすことが可能となり高剛性と軽量化を実現。

 

高剛性が爆発的な加速力を提供し、驚くべき振動吸収能力が速いコーナーリング、スピード、快適性を実現する。

 

熟考されたシェイプを誇るTAPチューブと低い位置に配されたボルトによって6Wの空気抵抗軽減を実現。

 

あなたを勝利へと導きます。

 

S6-EVO-HM-DISC-ULT2.jpg

S6-EVO-HM-DISC-ULT4.jpg

プレミアムな冒険へ・・・

2017.06.02

伝説のバイク、「Synapse」!

 

シナプスが備えているもの、それは「スピード」と1日でも乗っていたくなる「快適性」の両立。

 

かつてないオールラウウンドバイクと言えるでしょう。

 

柔軟性・剛性・軽量性を理想的な形で融合し、長時間のライドにも完璧にこなしてくれます。

 

健康志向の本格派、高いパフォーマンスを発揮してくれます。

 

700x28Cまで採用する事の出来るタイヤクリアランスで快適性が向上し、様々な条件の路面にも適合。

 

シナプスエンデュランスレースジオメトリー(S.E.R.G.)は真のレースポジションとアップライトポジションの快適性との間の

 

理想的なバランスを生み出します。長時間のライディングに最適で、あらゆる路面での抜群の操作性を発揮します

 

前傾姿勢が得意ではない方にも最適なバイクです。夏に向けて、絞るにも最適なバイクになっています。

 

SynapseCarbon105-5-BLK-1.jpg

 

シナプスに乗って、出かけよう!

 

SynpseCarbon5-Blk2.jpg

最高の性能を2つとも持ったTRIGGER!

2017.05.29

MTBシーズンに突入し当店でもMTB需要が高まってきました!

 

そこで、今回ご紹介するのは、Cannondaleが送り出す、「オールマウンテンバイク」のTriggerCarbon1!

 

このTriggerは何がすごいか?と言いますと、2台のMTBも持った事と同じでさらにトレイル内でその2台に

 

乗れてしまうスゴイバイク!

 

Trigger3.jpg

 

トレイル内での下り用「ジオメトリー」と上り用「ジオメトリー」が存在致します。それぞれ、ストローク量も140mm/85mmと手元で変換できるので

 

トレイル内での登り返しや急な激坂などの時に対応可能!まさに、オールマウンテンモデル。

 

Triggerは、XCレースでの必要な軽さとオールマウンテンで必要な剛性とタフさを合わせ持ったバイクです。

 

フルカーボンフレームを採用し軽くて登れて、下れる 1台で2台持ったのと同じバイクです。

 

Trigger2.jpg

 

フロントフォークもSUPER MAX Carbon で動きがスムーズ。140mmのストロークを持っているのでトレイルでも間違いなし。

 

カーボンホイールも標準装備!コンポーネントはSRAMを装備しフロント30T・リア10-42Tと

 

今最も必要とされているサイズが既にインストールされています。

 

即、トレイルでの使用も問題ない、機能性抜群のモデルです。

 

Trigger1.jpg

Hooligan1 ご納車させていただきました。

2017.05.28

キャノンデール唯一の小径20inchバイク「Hooligan1」

 

c17_c37207m_raw_1.jpg

 

アルミの自の色にクリアー塗装されたフレームに内装ハブが後ろに付いた3段変速が今年の「Hooligan1」です。

 

今回は、お客様にご相談を頂き、アドバイスをさせて頂きながらお客様の理想に近い形で、ご納車させて頂きました。

 

Hooligan1Custom2.jpg

 

HooliganRoadは以前販売させて頂いておりましたが、2017年のHooliganを

  

パーツを交換して「HooliganRoad」を作らせて頂きました。

 

パーツはブラックで統一感を持たせているので、完成車での販売があるようなかっこ良さとなっております。

 

内装ギアではなく外装ギアにこだわり、ワイヤー式のDISCではなく油圧DISCに重点を置いた形となっております。

 

そして、Hooliganの良いところはそのまま残し、重要なポイントのみのパーツ交換です。

 

Hooligan1Custom6.jpg

 

ドロップハンドルを入れるだけでも通常のHooligan1とは違うイメージになります。

 

今回は、タイヤのエアボリュームも考えて、あえてそのままにさせて頂きました。

 

スピードよりも乗り心地重視です。

 

このパーツ構成で、11kgを切る軽さになっておりました。

 

パーツの交換のご相談もお受けしております。

Hooligan1custom4.jpg

 

SUPERSIX EVO Hi-MOD BLACK INC.

2017.05.26

誰も追いつけないバランスが生み出すパワー

 

BB部分で従来比8.8%の剛性アップ・・・スプリントでの反応性と信頼感のあるハンドリングを実現

 

ヘッド部分で従来比2.2%の剛性アップ・・・下りでの安定性が抜群に良くなりました。

 

フォーク横方向で従来比6.1%の剛性アップ・・・振動の吸収性を向上させながらも横方向の剛性をアップ

 

そして、よりスムーズに・・・ 従来比20%アップの振動吸収性

 

SPEED SAVEマイクロサスペンションは2つのゾーンで作られています。

 

ZONE 1(リアトライアングルとフォーク)ライダーがシッティングでもスタンディングでもよりよいハンドリングとトラクションと快適性のために

 

タイヤを路面に押さえつける働きえおします。

 

ZONE2(シートポストとシートチューブ)シッティング時の快適性アップに貢献します。新しく口径の小さくなったシートポストでスムーズな

 

フィーリングを提供します。

 

SUPERSIX EVO Hi-MODフレームは、一つのチェーンステーに複数のシートステーを組み合わせてサイズ違いを行っているのではなく、それぞれのフレームサイズに

 

専用の型設計と積層を行っているのです。各サイズにおいて完璧に調整された剛性バランスを実現しています。

 

HM-INC1.jpgのサムネイル画像

ページトップ