キャノンデール横浜ベイサイド

キャノンデールブログ

キャノンデールブログ

ショップ写真

F-Si & LEFTY OCHO XCファンのための新しいハイテクハードウェア。

2018.05.26

キャノンデールは、XCレースにおけるスピードへの要求をこれまで以上に高いレベルまで押し上げました。キャノンデールファクトリーレーシング(通称CFR)チームは、今週末、ドイツのアルプシュタットで開催されるUCI MTBワールドカップ(XCO)に向けて2つの最新鋭の機材を投入します。一つは、キャノンデールがこれまでに作ったなかで、最も速く最も高性能のハードテイルである新型F-Si、もう一つは世界で最もスムーズかつ超軽量XCフォークLEFTY OCHOです。

 

新しく生まれ変わったF-Si
2015年に導入された初代F-Siは、XCハードテイルにとても大きな革新をもたらしました。それは、年々厳しさを増しているワールドカップのコースレイアウトに対応するようデザインを見直した画期的なハードテイルでした。

 

3643bef4-e5ec-4454-b9c2-75870111d3d2.jpg 

新型F-Siは、ライダーのパフォーマンスを最大限発揮させるアウトフロントジオメトリーと切れ味鋭い走りを実現する左右非対称のAi(Asymmetric Integration)リアトライアングルなど、初代モデルから取り入れられているキーテクノロジーをよりブラッシュアップすることにより、さらにハイレベルなバイクへと進化させました。新型F-Siは、多くのXCレースハードテイルよりも軽く、スムーズネスを持ち合わせ、より機能的で、ハイスピードな走行を手助けしてくれるはずです。これは、エンスーなXCファンのための究極のレースマシンです。 

 

クライミングを制す
わずか900グラムのF-Si Hi-MODフレームは、その先代モデルよりも80グラム軽くなり、ブランド史上最軽量のマウンテンバイクとなっています。さらに、アップデートされたAiオフセットドライブトレインにより、427mmというスーパーショートチェーンステイを実現し、さらなる登坂力と俊敏性を発揮します。そして、大きな2.35インチ(実測値58㎜)のタイヤをも飲みこむ十分なクリアランスが確保されています。

 

スプリントを制す。
厳しく、激しい、そして高速化したレースを制すべく剛性を見直し、爆発的なスピードを生み出す剛性を持たせながらも、フレーム全体を通して衝撃を軽減し、バイクコントロールを向上させるよう改善を重ねました。

 

ダウンヒルを制す。
LEFTY OCHOのユニークなフォークオフセットと、先代モデルよりもさらに寝かせた69°のヘッドアングルの組み合わせは、最先端のXCレースで必要なダウンヒルスピードを後押ししてくれます。そして言うまでもなく、その高速走行を実現させているのは新型LEFTY OCHOの比類なき性能です。
 
レースを制するために必要な全ての要素を備えた新型F-Siは、XCライダーのニーズにぴったりと応えるように作られています。

 

8世代目のXCフォークLEFTY OCHO
既存のアイデアやサードパーティー規格を疑い、己の信じるベストを追求し続けた結果、最初のLEFTYサスペンションフォークが登場して以来18年以上が経ちました。そして、新しく生まれ変わったLEFTY OCHOはもう一度、既成概念へのチャレンジをしました。それは世界初のシングルクラウン、シングルサイドサスペンションフォークであるだけでなく、これまでに作られたなかで最も進歩した、最もスムーズで、最も正確なハンドリングを実現する超軽量XCフォークです。

 

85b1fb6f-2043-4a8d-b665-750215abd6bf.jpg 

「LEFTY OCHOでさらなる性能を追求するためには、すべてを白紙にしてから開発を始めなければなりませんでした。」とキャノンデール サスペンションテクノロジーディレクターのジェレマイア・ブーバーは語っています。「LEFTYをクロスカントリーレースのルーツに戻す必要があり、クラウン部分の開発から始めて全体の構造を考え直す必要がありました。」

新しいシングルクラウン設計は、従来のLEFTY CARBONよりも250グラム以上も軽く、世界で最も軽量なXCサスペンションフォークの一つでありながら、あらゆる超軽量フォークのなかで最高レベルの剛性を実現しています。必要な個所に最適な味付けを施すことにより、様々なセクションで必要な剛性が発揮され、トレイルを飛ぶように駆け抜けることができるはずです。
 
「LEFTY OCHOのスムーズネスは際立っています。」今回から三面の接点となった新しいデルタケージニードルベアリングを備え、他社フォークにありがちな摩擦を生むシールとブッシングが少なく、しなやかな新しいチャンバーダンパーをもつLEFTY OCHOは今までに作られたなかでも最高に滑らかなフォークです。どんなに荷重がかかり、どんな状況でも、ねばつきも引っかかりもなく、振動や抵抗もありません。これまで以上にコントロール性を向上させ、サスペンションとしてのパフォーマンスを余すことなく発揮します。
 
ライダーを優先に考えたデザインにより、多くの新機能を搭載した新型LEFTY OCHOは、間違いなく世界中で最も滑らかで最先端の超軽量クロスカントリーサスペンションフォークだと言えます。 
 
LEFTY OCHOは、27.5インチと29インチのホイールのいずれにも対応します。また、新型F-Siは日本国内では3つのモデルが発売予定(9月)です。

気分はキャノンデールファクトリーレーシング

2018.04.09

最近風が強く自転車に乗っていると煽られてふらつくと

「風なんぞに負けん!」という気持ちで踏ん張りながら走っております

 

程よい陽気で皆様も気持ちのよい汗を流しながらライドをされていることでしょう

そろそろ半袖ジャージ、ショーツにシフトチェンジですね

 

ヨーロッパで活躍するキャノンデールファクトリーレーシングのレプリカジャージです!

 

IMG_8020 (2).JPG 

CFRジャージ ¥8,000-(税抜)

  

軽量で快適性もあるセミフィット

湿気を的確に放出し、伸縮性のある袖口で快適ライド!

 

CFRビブショーツ ¥12,000-(税抜)

ライディングに欠かせないシャモアがロングライドなどにも対応してくれます

腰の部分にはprologoのロゴ入り

IMG_8019 (2).JPG

 

上下でコーディネート出来るのでこれを着てキャノンデールレーサー気分で走りましょう!

「fabric」なお話し

2018.01.27

サドル

 

すぐ相性の良い相棒に巡り合える方もいれば、色々と試し試行錯誤しようやく巡り合える方も。

 

そもそもいっぱいありすぎて選べないという方もいると思います。

 

そんなお悩み中の方へfabricのscoopのお話し

 

fabric (2).JPG

 

FLATタイプ

 

独自のしなりをいかした軽量モデル。エアロダイナミックなポジション向け。

 

パッド部を少し減らし上面が平らに近い形状。

 

脚が動きやすいようにデザインされています。

 

fabric (3).JPG 

SHALLOWタイプ

 

長時間のライドから普段のライドまで使える機能性と快適性。

 

ゆったりとしたカーブ形状、低反発フォームや柔軟なベース部がその快適さとパフォーマンスをサポートします。

 

 

fabric (4).JPG 

RADIUSタイプ

 

アップライトポジションに最適な快適性を重視したサドル

 

街乗りやレジャーシーンなど路面を選ばずライディングが出来る。

 

体重が乗りやすいポジションの為、パッド部は厚みを持たせた丸めの形状になっています。

 

そしてこちら

 

scoop-features.jpg 

構造がとてもシンプル。

 

軽量化、快適性、クリーニングのしやすさを実現するため伝統的なサドル作りに必要とされていた鋲や余分な材料を使用していません。

 

また、耐久性、耐水性、グリップ性も持ち合わせているので自由な動きを妨げません。

 

SCOOPのサイズは幅142mmとSCOOP RADIUS gelが155mm

 

多くのライダーに快適なライドを提供します。

 

カラーバリエーションも豊富で楽しめますね

 

バイクにマッチした時のテンションは最高です。

 

fabricのラインナップなら、アナタにベストマッチなサドルが選べるかもしれません! 

 

19961244_10154989902231843_2261578773819533948_n.jpg

 

KID BIKE入荷!

2017.12.18

2018年モデルの16インチのバイクが入荷しました!

 

IMG_7637 (2).JPG 

TRAIL 16 SINGLE-SPEED BOY'S ¥28,000-(税別)

 

カタログの写真だと赤なのかオレンジなの分かりにくいのですがアシッドレッドです!

 

朱色といった方がイメージが付きやすいでしょうか

 

アシッドレッドにアクセントでターコイズ系のブルーが入っていて人目を惹きやすい色合い

 

発色が良いのでお子さんがどこを走っていても、すぐ見つけやすいと思いますよ!

 

そして全国のお父様・お母様「補助輪外して練習させたいな」と思うでしょう!

 

IMG_7640 (2).JPG 

なんと工具なしで簡単に着け外しができます!

 

身長の目安は95cm~115cmくらい

 

あくまで目安ですので実際またがってみてください♪ ぜひ店頭まで♪

 

お待ちしております!

自転車以外に必要なものvol.2

2017.11.26

前回に引き続き自転車以外に必要なものをご紹介!

 

自転車に乗るうえで避けれないもの、そう!パンク!

 

今日はそのパンク修理に必要なものをご紹介いたします!

 

まずはこちら、用品を収納するためのサドルバッグです!

 

IMG_7545.JPG 

サドルバッグ スピードスター2 スモール¥3,000-(+税) ミディアム¥3,500-(+税)

 

サドルの下に装着。着け外しが出来るものでカラーはスモール、ミディアムともにブラックとグリーンの2色展開

 

チューブやタイヤレバー、カギなどを入れます

 

IMG_7552.JPG 

IMG_7549.JPG 

チューブ(700×25-32c 60mm) ¥950-(+税)

 

代えのチューブは必須です!応急処置としてパッチでも悪くないのですが

 

対処できない場合もあります。2本は持っておきたいところです。

 

サドルバッグ以外だとこういったツールもあります!

 

IMG_7543 (2).JPG 

fabric TOOL KEG BOTTLE ¥2,000-(+税)

 

本来はケージを付けてボトルの様にさすのですが

 

fabricは違います!ケージレスなんです!ケージが無くてよいので見た目すっきりします。

 

ボトルにはパーツ、サドルバッグにはカギなど使い分けるのもありです

 

そして無いと始まらない!携帯ポンプ!

 

IMG_7550.JPG 

 

IMG_7551.JPG 

CO2ボンベも使える2WAYタイプの携帯ポンプ エアスピードR-HP ¥5,000-(+税)

 

そしてこちらはボトルケージのところに一緒に着けられるのでご自身で持つ荷物が減ります

 

私は携帯ポンプを忘れて痛い目にあったので常に車体に着けるようにしました...

 

IMG_7548.JPG 

携帯工具 MINITOOL 10FUNCTION ¥2,500-(+税) 15FUNCTION ¥3,500-(+税)

 

2つの違いはチェーンカッターとスポークレンチがついているかどうかです。

 

どこまでご自身で触るかによりますが、あると便利なグッズの一つです

 

ここまであると安心してライド出来ますね!

 

しかしパンク修理なんて素人にはできないよ!というご意見もありますが...

 

出来ます!気が付けばパンクなんて怖くない自転車乗りになれます!

 

当店ではパンク修理講習を第1第3日曜日の19:00から行っております!

 

要予約、必要なものはタイヤレバーのみ!

 

一度やってみると意外と簡単です。コツを掴むとサッと出来るようになります!

 

初めての方でもお気軽にご相談ください!

 

女性スタッフもいますので女性ならではのお悩みもご相談ください!

 

ぜひお待ちしております♪

バイクを楽しむマストアイテム シンプルなアクセサリーいかがでしょうか

2017.10.16

cannondaleからGARMINマウントが入荷しました!

 

IMG.JPG  

コンピューターマウント ¥1,500-(税別) 

定番のブラックとキャノンデールユーザーにはたまらないグリーンの2カラー展開

 

GARMIN 200/500/510/800/810 使用可能となり重量は22g

(1000系には非対応、みんなの定番520は大丈夫です)

 

31.8mmハンドルバーにフィットします。

 

グリーンは黒系の落ち着いたバイクの方には差し色として入れやすいです!

  

派手な色のバイクの方にはバイクの色を生かしつつもこの造形を楽しむのもありかと思います

取り付けもボルト1本なので簡単です

 

そして新しいデザインのボトルも入荷!

 

 寒くなってきて不必要、というわけにはいきませんね

 

寒くても走れば暑くなりますので油断大敵

 

IMG_7276 (2).JPG 

キャノンデール レトロ ボトル ¥1,000-(税別)

 

IMG_7277 (2).JPG 

キャノンデール ロゴ ボトル ¥1,000-(税別)

 

こちらのボトルは食器洗い機使用OKとなっております。

 

IMG_7278 (2).JPG 

ロックが容易なアクティブノズル

 

滑り止めグリッパーを採用しておりライド中の落下も防いでくれるので安心です

 

両デザインともONE SIZE 容量600ml

 

こちらはクリアなボディにシンプルにブラックのロゴ

 

男性女性問わずバイクの色味もあまり気にせず使いやすい

 

シンプルデザイン!

 

ぜひ実物を見にお店まで足を運んでください

 

お待ちしております

2018 KID'S BIKE &HELMET

2017.10.10

キッズバイク、入荷しました!

 

2017-GAN-S (2).jpg

 

IMG_7215.JPGcannondale初のレフティ使用のキックバイク登場!

    

将来お子さんが自転車を怖がらずに乗れるかは最初が肝心

 

今のうちにバランス感覚を養っておく事が大事!

 

TRAIL BALANCE 12 BOY'S ¥20,500-(税別)

 

IMG_7218.JPG

 

昨年人気だったCUJO

 

そのCUJOがKIDバージョンとして登場!

 

安定感もあり空気圧を変えて楽しむのもまた良い

 

親子でお揃いのMTBデビューしませんか?

 

CUJO20 ¥45,000-(税別)

 

 

バイクを買ったなら必須アイテムのヘルメットもご紹介!

 

IMG_7224 (2).JPG 

IMG_7225 (2).JPG 

IMG_7226 (2).JPG 

ジョン・バーガーマンという

 

イギリス人のイラストレーターとのコラボヘルメット

 

Doodle' art styleという落書きスタイルの芸術です。

 

若干のゴタゴタ感とゆるいモンスターたちが良いですね

 

IMG_7227.JPG 

名前にちなんでるであろう絵が混ざってるのでぜひ探してみてください!

 

カラー展開はイエロー・ブラック・ティールの3色

 

XS/S  S/Mの2サイズご用意あります!

 

KID'S HELMET ¥4,300-(税別)

2018年モデル JEKYLL 3 入荷!

2017.09.11

2018年モデルの話題のMTBが入荷してきました!

 

EWSでのクレメンツの活躍によってすでにいいバイクなのは実証済み!

 

一目を置かれているモデル「Jekyll 3」です。

  

Jekyll8.jpg

MTBライドを思いっきり楽しんでいるときのフィーリング・・・・それは何物にもかえがたい感覚。

  

本気で楽しむのであれば、1台ですべてをオールマイティーにこなせるバイク!

 

下りを駆け抜け、早くコーナーを抜け、そして楽に上ることのできるバイク。

  

Jekyll5.jpg

そしてFOX社との共同開発で生まれた新しいサスペンション(GEMINIショック)は、2種類のライドモードを使う事が可能です。

 

トラベル量を短くするモード(130mm)長いモード(170mm)と1台で2役の役目ができる優れたバイクです。トレイルまでの

 

アプローチには、130mmに、そして下りに入る時に170mmと変換が手元で行えます。キビキビとした動きを提供してくれます。

 

Jekyll6.jpg

  

アシンメトリック(左右非対称)インテグレーションで、ショートチェーンステーの420mmを実現することができ、バイクコントロールの

  

向上と、トラクションがかかりやすくなっているので上りと下りの安定感を実感していただけます。バイクに対する絶対的な自信を与えてくれます。

 

まさに、エンデューロレース世界チャンピオンのジェローム・クレメンツと一緒に開発されただけの事はあるスペシャルバイクです。

 

¥490.000(税抜)

SLATE APEX1

2017.07.24

欲しいと思い続けていた夢のバイク「SLATE」

 

ロードバイクの性能とオフロードの性能を備えています

 

LEFTYリジットフォークにドロップバー

 

ワイドでエアボリュームが抜群のタイヤにシャープなハンドリング

 

路面の穴を超えたり、縁石でジャンプしたり、トレイルを下ったり

 

本当のバイクライドの楽しみを満喫させてくれるのがSLATE

 

SLATEAP3-3.jpg

 

人気のSLATEも7月30日までの「サマーキャンペーン」の対象となっております。

 

すでに、メーカー完売のMサイズ・ご用意可能な状況です

 

SLATEAP7-7.jpg

 

 

最高の性能を2つとも持ったTRIGGER!

2017.05.29

MTBシーズンに突入し当店でもMTB需要が高まってきました!

 

そこで、今回ご紹介するのは、Cannondaleが送り出す、「オールマウンテンバイク」のTriggerCarbon1!

 

このTriggerは何がすごいか?と言いますと、2台のMTBも持った事と同じでさらにトレイル内でその2台に

 

乗れてしまうスゴイバイク!

 

Trigger3.jpg

 

トレイル内での下り用「ジオメトリー」と上り用「ジオメトリー」が存在致します。それぞれ、ストローク量も140mm/85mmと手元で変換できるので

 

トレイル内での登り返しや急な激坂などの時に対応可能!まさに、オールマウンテンモデル。

 

Triggerは、XCレースでの必要な軽さとオールマウンテンで必要な剛性とタフさを合わせ持ったバイクです。

 

フルカーボンフレームを採用し軽くて登れて、下れる 1台で2台持ったのと同じバイクです。

 

Trigger2.jpg

 

フロントフォークもSUPER MAX Carbon で動きがスムーズ。140mmのストロークを持っているのでトレイルでも間違いなし。

 

カーボンホイールも標準装備!コンポーネントはSRAMを装備しフロント30T・リア10-42Tと

 

今最も必要とされているサイズが既にインストールされています。

 

即、トレイルでの使用も問題ない、機能性抜群のモデルです。

 

Trigger1.jpg

ページトップ